台湾澎湖観光.com

台湾の澎湖(ポンフー)島の観光情報をお届けします!



Home観光グルメおみやげビーチ寺院

台湾澎湖(ポンフー)島の「山水」ビーチではサーフィンが楽しめる! 名物の黒糖かき氷の人気店もご紹介します

台湾澎湖(ポンフー)島の「山水」ビーチではサーフィンが楽しめる! 名物の黒糖かき氷の人気店もご紹介します

台湾でサーフィンができる、数少ないビーチが澎湖(ポンフー)島にはあります。

澎湖で特に有名なビーチは2ヶ所あり、隘門(アイメン)ビーチに続き、ここ山水(サンスイ)ビーチです!

f:id:jamu333:20160124133543j:plain

f:id:jamu333:20160124133557j:plain

f:id:jamu333:20160124133610j:plain

山水の波に惚れ込み、移住した外国人サーファーもいるくらいです。 

f:id:jamu333:20160124133634j:plain

波が高い時が多いので、サーフィンにはもってこいのビーチで、サーフィン教室を行っていることもあります。

 

綺麗な海で海水浴を楽しむ♪

もちろん、波が高めとはいっても、普通にビーチで泳ぐことはできますので、夏場には、海水浴を楽しむ人でそれなりに賑わっています。

f:id:jamu333:20160816042115j:image

日本で「賑わっている」といえば、ものすごい人で、泳ぐこともままならない、人とぶつかってしまう、というイメージを抱いてしまいますが、

澎湖島にはビーチがたくさんあることもあり、充分すぎるほど広々と泳いだり遊んだりできるのも良いところです。

 

また、波が高めなのがお分かり頂けるでしょうか。

f:id:jamu333:20160816042206j:image

通常でもこのようにうねりのある波ですが、夏場、台風が過ぎたあとはあたり一帯に轟音が響くほどの強い波に変わります。

 

夕暮れの時間帯に近づいてくると波間を散歩する人の姿も。 

f:id:jamu333:20160124133727j:plain

沖縄は負けてはいませんが、ハワイやグアムで海水浴するよりもはるかに満足できることは間違いありません。

 

▼シャワー室・更衣室・トイレも完備されています(右奥の建物)

f:id:jamu333:20160124133807j:plain

砂で汚れた足を洗うための場所もあるのが便利です。水着で泳ぐまではしたくなくても、足だけ海水につかって海を楽しむのも楽しいですね!

 

日本の人気ビーチのように、海の家はないので、飲み物を買ってから出かけるのがベストです。

f:id:jamu333:20160818080044j:image

シーズン中は、屋台が出店していることも。

 

山水地区にあるホテルはお洒落で個性的

馬公の中心部からは距離がありますが、オシャレな民宿やホテルも多いので、すぐに海水浴がしたい方や、海を眺めるロケーションを重視する方は、そちらへ宿泊するのもおすすめです。

 

台湾人観光客にも有名な人魚之丘民宿

f:id:jamu333:20160817192621j:plain

出典:http://mermaid-hill.penghu.in/main.html

民宿ながら、平日2500~4200元(8000~13500円)、休日は3500~4800元(11200~15500円)となかなかの高価格帯ですが人気があります。

山水ビーチからはバイクで5分ほど、目の前は海が広がり、1階には面白い形のプールがあります。

 

澎湖 圓頂瓦舍海景民宿

f:id:jamu333:20160124133830j:plain

出典:http://yuanding.okgo.tw/

こちらも1泊9000円前後です。

澎湖島の民宿は、このような小さなリゾートホテルのようなところも多く、旅の目的に合わせて選ぶと良いと思います。

 

台湾では、シングルやドミトリー部屋と決まっているところ以外は、1室での価格が設定されています。2人で宿泊しても同じ価格のところが多いので、そう考えると上記の民宿も安いほうですね。

 

また、最近は日本のホテル予約サービス大手のじゃらんから日本語で予約もできるようになりました。ポイントも貯まるので、日本から訪れる方におすすめです。

公式サイトで検索→じゃらんnet

 

山水ビーチの動画

▼動画をアップしました。ちょっと波が荒いときですが、それでも海水が濁らず綺麗なことが分かるかと思います。

 

波打ち際に立っているだけでも山水ビーチは満喫できます。

f:id:jamu333:20160816042324j:image

澎湖島には、本当に綺麗なところがたくさんあります。

山水ビーチも自然のままの海を感じられ、 見ているだけでも癒されます。

 

夜の山水ビーチ

また、夜には星を眺めたり波の音を聞きに行くのもおすすめです。

綺麗な星空を眺める穴場の天体観測スポットもこちらの近くです。 

www.taiwan-penghu.com

 

春や秋以降には、波打ち際で青くキラキラ光る海洋性プランクトンの夜光虫を見ることができます。

f:id:jamu333:20160816130844j:image

夜光虫は、ノクチルカという直径1〜2ミリの渦鞭毛藻類の一種で、大量発生すると赤潮の原因になりますが、山水では、夜にこうしてチラチラと波打ち際で静かに光る程度です。

 

漁船の光で見られないときもありますが、青く点々とした光が幻想的です。

 

 

▼地図はこちら

座標:「 23.513366, 119.591362 」

スマホの地図アプリにコピペして検索に使えます。

 

「黒糖かき氷」で有名な家竹黑砂糖の山水店

澎湖島で人気のスイーツ店です。

街中の店舗は常に人でいっぱい!なのですが、山水店は空いているときが多く、ゆっくりと寛げます。

f:id:jamu333:20160816044504j:image

 

一番人気の黒糖かき氷 

f:id:jamu333:20160816045108j:image

日本のかき氷と同じ食感です。

練乳をかけるか聞かれますが、かけたほうが黒糖の美味しさが際立ちます。

 

澎湖茶(風茹茶)かき氷

f:id:jamu333:20160816044950j:image

澎湖島でしか食べられないかき氷です。

 

近年日本でも人気のフワフワ系のかき氷(雪花冰)です。練乳を混ぜて凍らせて削ったらふわふわになるんですね。

 

風茹草(セリバノセンダングサ)とは

澎湖の人々は風茹草をお茶にして飲みます。薬草の味が濃厚ですが、夏場に冷やして飲むと喉の渇きを癒してくれます。

地元の人々が好んで飲むだけでなく、観光客にも人気があります。この草は澎湖原産のキク科植物で、サボテンやアロエと並んで「澎湖三宝」と称せられています。

澎湖で最も経済価値の高い6種類の薬用植物の一つに選ばれており、収穫後は陽に晒し、台湾本島へ運ばれて薬草茶の原料となります。豊富な微量元素と精油を含んでおり、解毒のほか、腫れや夏バテなどにも効能があると言われます。

引用元:http://www.penghu-nsa.gov.tw/japanese/FunTravelJpn/StoreListJ/food05.htm

 

比較的飲みやすい薬草茶なので、お茶自体の癖は少ないです。さっぱりとしていてほのかに甘く軽い口どけで私の一番のお気に入りです。

 

注文するかき氷を決めたら、ガラスケースの中にあるタピオカやドライフルーツ、芋圓などから数種類を選び店員さんに伝えます。

ひとつずつ指差し注文でOK!

 

選んだら上からたっぷりのかき氷が盛られます。

それにしても台湾のかき氷は安いのに、量が多いですね。

f:id:jamu333:20160816045755j:image

具は一番底にあるので、

f:id:jamu333:20160816045740j:image

食べ進めていくとたどりつけます。

女性の方は「こんなに食べられないよ~」と思っても、意外なほど軽くペロリと平らげてしまえるので、ひとり1個でも大丈夫ですよ!お腹いっぱいにはなりますが(笑)

 

QQ(モッチモチ)食感の大きいタピオカは絶対におすすめです。色々試してくださいね〜!

 

また、本店にはたびたび台湾の芸能人も訪れているようです。

f:id:jamu333:20160817195235j:plain

出典:https://www.facebook.com/PengHuJiaZhuHeiShaTang

こちらは、日本でも歌が上手い台湾人歌手として知られている林育群(リンユーチュン)さん。一時期は様々なテレビ番組やCMにも出演されていましたね。

小胖(おデブちゃん)という愛称が可愛い。

 

お好きな台湾芸能人がいらっしゃるなら、タイミングによっては偶然会えるかも!?